支払いの利便性を考えればカードは保有すべき

お金を使う局面は、日常生活では頻繁にあります。もちろんクレジットカードを用いて、使う局面はあるでしょう。

ただ突き詰めてみると、実はカードを保有しなくても暮らす事はできるとの意見もあります。その代わり、生活は多少不便になってくるでしょう。

分かりやすい例を申し上げると、電子マネーです。毎日通勤する際に、それを用いて自動改札機を通過する事はあるでしょう。

ところで電子マネーは、大抵はカードと連動されています。ちなみにカードと連動させなくても、電子マネーで支払いをする事は可能です。自動券売機を用いれば、現金でも支払う事は可能でしょう。

しかしその手段ですと、たまに改札機のセンサーが鳴ってしまう事があります。うっかりチャージするのを忘れてしまい、他の方々に迷惑がかかってしまう事もあるのです。それで仕方なく券売機に行く訳ですが、その分時間を浪費してしまうでしょう。

ですがカードと連動しているマネーならば、そういった心配もありません。直ちにカードにチャージされますから、特に大きな問題点が生じる事も無いからです。生活が不便になるとは、そのような意味になります。

したがって生活を便利にしたいと思うなら、やはりカードを保有しておく方が良い訳です。


このページの先頭へ